<おかげさまでこの若さでお客様の仏様を120体以上迎えることが出来ました。>

仏像を迎える工程


1お客様の迎える仏像のイメージを決める

お客様から、話を聞き、どんな思いで迎えたいのか、どんな仏様がいいのか。もし資料があれば送ってもらいイメージをつかみ世界に一つの仏像を。

   <お客様と相談>


2お客様の話や資料をもとに図案を描く

仏様の大きさや顔の表情などを聞いて、お客様だけの仏様を描きます。出来上がった図案をお客様に見てもらい、大きさや表情、バランスを確認してもらいます。お客様の納得いくまで何度も描きます。


話し合いで仏像の図案が決まったら木から仏様を出していきます


3最高級の日本の彫刻用木材を使用










実際に木材を自分の目で見極め、厳選された良質な材料を仕入れます。

 

仏像の材料を仕入れる時は、その様子もブログで公開しているので、お客様には好評です 


<動画>


4木材の質感や木目を見極める為に鉋をかける

<動画>


5木材から仏様を出していきます!

いよいよ、お客様の仏様を木から出していきます

叩きのみで荒彫りをしていきます。


6姿を出していく

仏様が木から出てくる様子は、毎回、ブログ等で公開していますので、お客様には安心して任せてもらっています。


ブログを見ててイメージと違った場合はメールでの質問も受け付けておりますので完成するまで不安で待つという事にはなりません。安心して下さい。

<動画>


7荒彫り 彫刻刀で迎えていく

この仕事で一番、感動する場面をお客様と共感してもらいたいです。


8さらに荒彫り 細かい部分を出していく


9仕上げのみの持ち替えて仕上げ

仏様の大きさや顔の表情などを鮮明に出していきます。


10大まかに仕上げたら細かい部分を仕上げる。ここが一番時間がかかります。


11お客様の仏様を迎えました


12個人様 お客様へ納める