弟子入り志願者の質問 Q&A

弟子入り希望者から良くある質問をまとめて見ましたので参考にして下さい。

Q 将来は仏像ではない木彫作家になりたいのですが大丈夫ですか。

A 当工房は弟子の方の新しい感性も取り入れたいので仏師にならない方でも大歓迎です。午後の仕事時間は仏像のお手伝いになりますので、その技術を応用して自分の作品作りに活かして下さい。

 

 

Q 美大卒、専門卒、高卒などの経歴で採用は変わりますか。

A 特にありませんが、刃物の使い方や研ぎが少しでも出来ると助かります。他には素直で元気な人と共に成長出来たらと思います。当工房で成長できるベストな人なのか相性が良い方なのかが大事になってきます。

 


Q 学校で習う彫刻とは違いますか。

A 学校で習っていた美術経験者の方は自分が作りたいものを彫刻していた方が多いと思います。当工房は依頼主がいますので、その方の為に作るお仕事になります。分かりやすく言うと、自分の為の彫刻か依頼主の為の彫刻かという事です。自分の作品しか作りたくない方には向いていません。技術面では精度を要求されるお仕事ですので、研ぎや技術があまいともう一度やり直す場合もあります。

 

 

Qどんな覚悟で弟子入りしますか。

 

 A 学校では先生にお金を払っているので教えてもらえるのは当たり前だったと思います。弟子入りの場合はお金をもらいながら技術を学びます。なので教えてもらって当たり前という環境ではありません。遅刻をしたりするのは学ぶ姿勢として失礼になりますので毎日、しっかり技術を吸収する気で挑んで欲しいです。


Q 休みはありますか。


A 土、日、祝、お盆、正月休みがあります。

 

Q 石川に友達がいないので心配です。


A 自分も10年前に来たのですが同じでした。石川は伝統工芸、伝統芸能など、とても盛んですので同じ若い方が活動しています。展示会などが良くあるので自主的に会って仲良くなるのが良いと思います。寂しくなって辞めていく方も過去にいましたので、そういう方は難しいと思います。

 


Q 坂上さんはどんな人ですか。趣味とかありますか。仕事中はどんな感じですか。

A 色々な事に興味があるので勉強して取り入れています。弟子の方からも学ぶ事もあると思いますので、新しい感性を吸収したいと思います。趣味はスポーツや読書、畑もやっています。
仕事中は、黙々とやって無言になってしまう事が多いですがコミュニケーションは大事にしたいので気軽に話しかけてほしいです。


Q 弟子入りする前にしておいた事はありますか。

A それぞれの工房で色がありますので、色々調べて自分に合う工房を見つけてもらった方が良いと思います。弟子入り志願に来る方で、他の工房の方が相性が良いなと思う方も少なくありません。当工房の様な若手の仏師の場合は比較的、自由な環境だと思います。

 

Q 弟子入志願者は何人くらい来ますか。また、弟子入り申し込みはいつの時期に問い合わせすれば良いですか。


A 年間で20人以上来ます。弟子入りの申し込み期間は決まっていませんが。だいたい春から夏にインターンなどで体験しに来て12月前には決まってしまいます。学校を卒業してからの申し込みの場合は、すでに決まっているのでお断りするケースが多いです。(3〜5月)

 

 

Q どんな覚悟で弟子入りしたらいいですか。

A 初めの半年は技術を覚えるのに集中してほしいです。単調な作業が多い事もあるのですが、初めは我慢して身につけてもらいたいです。そうすれば出来る仕事も変わってきます。

 

工房だけの仕事だけではなく休みの日に美術鑑賞をしたり作品作りをしたり有意義に時間を使って欲しいです。遊ぶのもいいですが仕事を疎かにする事は絶対にしないで下さい。

 

 

 

よくある質問を音声配信で回答しています。

 

 

 

 

 

その他の取材内容はこちら

 

四季の美 仏師 坂上俊陽