仏像彫刻の木材

仏像で使う木材を仕入れに県外へ行きました。基本的に木目が細かい木曽檜を仕入れています。木曽檜はなかなか良いものが無いので、仏像彫刻をしている方からも頼まれます。
原木で買って数年の間、乾燥させていますので、使う大きさにカットします。
今回も、仏像彫刻をされている人から頼まれている木材がありますので、寸法に合わせてカットします。
仕事で使う木材も切っておきます。製材場で切ってもらっているので杉の木が多いようです。
続きを読む

木彫りの阿弥陀三尊

お待たせしました。いよいよ完成です。

両脇侍を台座に載せました。少し前かがみにして迎えに行く様子をあらわしています。

三体とも少し高さが変わりますのでバランスに注意して安置します。

続きを読む

木彫りの阿弥陀三尊 佐賀県

細かい工程が続いていますが光背、台座は形になって来ました。


両脇侍も素敵になりそうです。

木彫りの阿弥陀三尊 佐賀県

光背の彫刻を進めていきます。今回の阿弥陀様の光背は反りがあります。
光背の模様を彫り込んでいきます。

木彫りの阿弥陀三尊 販売

木曽檜で鉋がけした木材に仏様の絵を描いていきます。
次に輪郭を出していきます。これだけでもだいぶ雰囲気が出て来ました。仏様を木から出していきながら光背も彫っていきます。