仏像の購入をお考えの方、宗派によって仏像が変わって来たり、日本の仏師の仏像か海外の仏像なのかでいろいろ変わってきますので見て下さい。 



仏像の場合宗派によって仏像も変わります簡単に確認してみましょう


中央に置く仏像』と左右に置く『脇侍』を紹介します。


真言宗  

大日如来   脇侍に『不動明王、弘法大使、地蔵、観音』


臨済宗

釈迦如来   脇侍に『観世音菩薩 、遠磨大師』


天台宗

阿弥陀如来  又は釈迦如来 脇侍に『伝教大師、天台大使』


日蓮宗  

曼荼羅       左右に『鬼子母神 大黒天 中央に日蓮聖人の木造』が多い

 

曹洞宗

釈迦如来  脇侍に『普賢菩薩文殊菩薩常済大師道元禅師』


浄土宗  

阿弥陀如来  脇侍に『法然上人善導大師又は勢至菩薩 観音菩薩』


浄土真宗本願寺派(西)

阿弥陀如来  『蓮如上人 親鸞聖人』


真宗大谷派          (東)

阿弥陀如来   『九字名字 十字名字 又は蓮如上人 親鸞聖人』

 




浄土宗、浄土真宗は全て阿弥陀如来ですが、仏像が違います。仏像を求める場合は注意!


仏像の見分ける方法としては仏像が立っているか座っているか、それと光背を確認すると良いです


光背、台座も宗派によって変わってきます。浄土宗、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派で見てみましょう。


浄土真宗本願寺派の光背



真宗大谷派の光背



浄土宗の光背 


既製品の仏像は光背が違う宗派のものだったりという事があるので注意して買う必要があります。


その既製品ですが市場で売られている仏像のほとんど、海外で作られた機械の大量生産品です。

海外製品の仏像。最近は、どこでも見かけるようになりましたね。

 

海外製品の仏像は、仏師の仏像と比べて10分の1以下で安いです。数万円で日本の仏師が仏像を売るという事は、滅多にありません。1ヶ月は時間がかかるのでその値段では生活していけないからです。

 

物価の安い国で大量生産をしているのでそのような値段で出せる場合が多いです。

だから買うなと言うつもりはありません。かっこいいから欲しい!という方のニーズが多いと思います。


<海外製品>・・・ 商品としての仏像   拝んだりしないので手軽に欲しい!かっこいい! 家に飾りたい!というお客様は、こちらが良いと思います。若い方は、値段も安めで買いやすいので人気があるようです。



<仏師の仏像>・・・お客様の拝む為の仏像を木から迎えていくので時間もお金もかかります。これから歴史を刻んでいく仏像はお客様の思いや気持ちを仏師の技術で未来に託していく必要があります。粗悪な仏像が増えているので、このままでは将来に残していける仏像が無くなってしまうのではと常に心配してしまいます。


耐久面

<海外製品>ボンドでガチガチでくっついてる場合が多く、破損した場合、修理するのが難しい。木材は海外の木材をしている事が多いです。

 

<仏師の仏像>長く次の世代の為に残していく為、修理の事を考えた仏像が多いです。昔の仏像は、こうした事を考慮しているからこそ、1000年ももっている仏像があるのです。

 


手仕事の先には、大切な方を思う気持ちや優しい気持ちがあります。そんな思いを形にするお仕事をしていきたいと思います。