木彫りの水月観音像

まだまだ荒彫りです。

木彫りの水月観音

荒彫りはまだまだ続きます。

木彫りの水月観音像

荒彫りが始まりました。

弟子の一日

年末でお仕事は終わりましたので、今日は我が工房で弟子入りしている人達の様子を載せます。
午前中は指導で午後は仕事のお手伝いです。今回は午前中の指導内容。

では、弟子と言っても、何から学ぶのでしょうか?


はじめは、彫刻刀(仕上げのみと叩きのみ)や鉋(かんな)、ノコギリ、の使い方から教えていきます。

弟子の中には、鉋を初めてもつという人も多いんです。自分もその1人でした。



こちらは自分の仕上げのみと叩きのみです。必要な物を揃えていくとこれだけ増えました。

本職の道具は買ってもすぐに使えるわけではありません。刃物の研ぎ方や道具の調整をしないと良い仕事が出来ません。

良い仕事する為に調整の仕方をしっかりと学んでいきます。

刃物の研ぎが、しっかり出来ていないと仕事が出来ないので、きっちりと指導していきます。
刃物の研ぎ方が終わったらいよいよ、彫刻の練習です。簡単な地紋彫りを覚えて茶托などにアレンジして作品を作っていきます。
続きを読む

大掃除

本日、仕事場の大掃除。お客様、仕事場に感謝しながら。来年もよろしくお願いします。

木彫りの水月観音

木に仏様を描き切り込みを入れていきます。

木彫りの水月観音像

木曽檜を鉋がけ。いい香りです。
マス目を引いていきます。

木彫りの薬師如来立像 完成

東京へ仏像を納めに行きました。
大きいので、組み立てるところからです。体内にお客様が書いた巻物を入れます。


体内に巻物を入れたら首を差し込みます。

お客様も優しい方々なので優しい仏様になりました。
光背の追加注文も頂きました。
こうして出会えたご縁に感謝します。本当にありがとうございました。

木彫りの薬師如来立像

最後の追い込みです。

木彫りの薬師如来像

螺髪を彫っていきます。目が少し痛いです。頑張ります。

木彫りの薬師如来立像

顔が大まかに出来ました。

木彫りの薬師如来像

お客様が顔のチェックに来ましたので本格的に新しい顔を彫っていきます。
遠いところわざわざありがとうございました。

木彫りの薬師如来立像

頭の丸みはほぼできました。

木彫りの薬師如来立像

衣のシワを彫り出していきます。

木彫りの薬師如来立像

細かい作業が続きます。