不動明王のお守り仏を追加しました

新作UPしました 引き続きUPします

仏像のまめ知識追加。他にもHPに追加しました

NHKの撮影 アナウンサーの中條誠子さんが来られました

11月1日から5日まで富山市アートギャラリー栄で木彫りの天神様 干支展をやります

 

 

場所 アートギャラリー栄  

富山市栄町1ー4−3 (黄色い看板が目印)

 

電話 076 424 0790

日時11月1日から11月5日まで

  午前10時から午後6時まで 最終日は午後5時まで

 

今の家に合う25センチ幅の天神様が一同に勢揃い!違うサイズも注文可能です 作家は全て井波で修業し全国で活躍する若手作家です


富山市で展示会をやります!7月18日から23日まで。     アートギャラリー栄

最近の出来事

現在 テレビの撮影中

光背

慎重に彫って行きます

光背

光背の方も進んでいます。

台座

なかなか苦戦しております。

阿弥陀様の台座

杉の木材は切れ味が悪いとバサバサになるので何度も研ぐので少し時間がかかってしまいます。
おおまかな形出てきました。

台座

大まかにラインを出していきます。

福岡県 阿弥陀如来像

台座の方にも手をつけていきます。

福岡県 阿弥陀如来

だいぶ形が出てきました。これから細かい部分を出していきます。

福岡県 阿弥陀如来像

今日はここまで

福岡県 阿弥陀如来像

顔の形も出していきます。

福岡県 阿弥陀如来像

お大まかなラインが完成しました。檜の場合、これ以上ですともっと叩いていくのですが杉の木ですので、ここからは仕上げノミでいきます。

福岡県 阿弥陀如来像

やはり杉の木は難しいです。刃物が切れていないとバサバサになるので丁寧に。

福岡県 阿弥陀如来像

福岡県のお客様の仏像です。ノコギリで切って行きます。

福岡県 阿弥陀如来像

福岡県 阿弥陀如来像

今回はお客様が送って頂いたご神木で阿弥陀如来像を迎えていきます。

阿弥陀如来 福岡県

福岡県のお客様から阿弥陀如来像の注文です。
今回は御神木の杉の木でお願いしたいというお話しです。
本来は杉の木で仏像を作る事は難しく本格的な仏像は滅多にありません。

しかしお客様の熱心なお話しを聞いてると、良い仏様が出てくるだろうなと思っています。

展示会用作品 フランス

t展示会様作品完成

海外での展示会

毎年、フランス・パリで行う展示会の作品を制作。
今回は染色作家さんとの共同作品です。

弥勒菩薩像のレリーフを作っていきます。

仏像の修理 石川県

い石川県金沢市の仏像の修理です。仏像の修理の場合は分解出来ることが多いので分解して破損具合を見ていきます。
寄木造りの場合は寄せている部分で割れが入ります。
手の破損は、仏像の修理でよくある事です。

今までの歴史を残して修理出来るように考えていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来完成

厨子に入れる仏様を東京のお客様に納めて来ました。
お客様はとても優しい笑顔をする方で、ありがたい仏像を彫り続けて下さい。と、とても嬉しいお言葉ありがたいです。

厨子用仏像 阿弥陀如来像

顔の彫刻や白毫を入れていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

光背の仕上げです。きれいになりました。

厨子用仏像 阿弥陀如来 光背

阿弥陀如来の光背。いよいよ内側の唐草です。まずは大まかに荒彫り。
さらに綺麗にしていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

光背の彫り込みに入ります。
中央部分を出し、内側を彫っていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

sそろそろ光背の方も始めていきます。
内側をくり抜いていきます。折れないように慎重に。
内側を彫っていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

細かい部分の彫り込みに入っていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来像 東京

お大まかな体のラインを出していきます。今の段階では細かいシワを考えないで、腕や足、お腹などを意識して出していきます。

厨子用仏像 東京 仏像販売

手のひらサイズの仏様の荒彫り始まりました。

仏像の光背

舟形光背の図案を描きます。輪郭が大きめなのは、サイズが少し小さくなったので変更です。
内側をくり抜いていきます。

厨子 木彫り仏像販売 東京

h舟形光背の輪郭を出しています。
う上の方だけ反りを多めにします。

厨子 木彫り仏像販売 東京

東京のお客様からの注文です。厨子に入れる阿弥陀如来像です。
木目が細かく質感が最高の木曽檜を切って台座を作っていきます。

壁掛け 木彫り仏像

もう一方の仏様も出て来ました。
完成

仏像の壁掛け 木彫り

壁掛けの仏像です。この木材から仏様を出して行きます。木曽檜から優しい木彫り観音様を出していきます。
鉋をかけていきます。良い香りがしてきます。
荒彫りで仏様を出していきます。
だいぶ形になって来ました。

仏師 アシスタント 見習い

仏師になるには弟子入りしたり学校に通ったりという道があります。
うちの工房には木彫がしたいという若い女性アシスタントが二人います。初めの方は主に下準備のお手伝いです。仕事場の様子。

こうして真剣に取り組んでいます。

木彫りの大黒様 完成

木彫りの大黒様が出て来ました。
細かい部分を彫り進めていきます。特に躍動感を出していきます。今回の大黒様は踊り大黒様。福を呼ぶ踊りを舞っています。口を開けて笑顔で笑っていますね。
私の大黒様でお褒め頂いているのは顔です。お客様から笑顔がいいと沢山注文を頂いているのが、この大黒様です。ありがたい事に全国から木彫りの大黒様を注文しに来てくれます。
本当にありがたい限りです。踊り大黒様が欲しい方は気軽に問い合わせして下さいね。

踊り大黒の木彫り

荒彫りも終わり細かい部分も出していきます。

顔の表情も出てきました。

 

踊り大黒は私のオリジナルなので世界に一つの木彫りの大黒様が出来ます。

0 コメント

踊り大黒の木彫り

木曽檜から荒彫りでどんどん形を出していきます。もう踊っている感じが出ていますね!

 

完成が楽しみです。

0 コメント

木彫りの踊り大黒天

今回も木曽檜を使って踊り大黒を木から出していきます。木曽檜は質感も匂いもいいです!

名号本尊 完成

仏像彫刻のキット 大日如来像

仏像彫刻をしたい人の為に大日如来像のキット販売を始めました。独学でやっている方や初心者の方は光背のくり抜きや輪郭、図案を描く等、悩みが沢山あると聞きました。そこでこちらで用意しました。

もう既に予約の方がいますので準備にお時間がかかります。

11月から販売開始で先行予約という形をとらせて頂きます。

大日如来像セット(18500円)

 

本体14センチ

全体17センチ

木材 ヒノキ

多くの方の要望により大日如来像のセットを作りました。初心者の方では難しい、光背の輪郭や切り抜きもしてあります。

また本体の輪郭をカットする場合は別に費用がかかります。

 

問い合わせ

(メール)

toshiharu.sakagami@gmail.com

(電話)

076 207 4672

 

0 コメント

名号本尊 仏師 坂上俊陽

木彫りの看板と工程は似ていますがこちらは本尊なのでここから彩色や金箔を貼っていきます。

こう見ると柔らかそうに見えるのですがケヤキですので硬いです。2メートル程あるので動かすときも二人掛かりで慎重に動かしていきます。

また、普段ヒノキを使っている場合、ケヤキを使う時に刃物の研ぎを変えないと使いにくくなってしまいます。ですから刃物をケヤキの角度にして使います。

ここまで出来上がるまでに木材の目利き、製材、加工、鉋がけ、荒彫りと、沢山の工程を踏んでここまで出来上がりました。次は彩色です。

今回の名号本尊は文字に金箔を貼りますので、目止めをする必要があります。木色を塗ると滲んでしまいますよね。それを防ぐ様な感覚で考えてもらえると分かりやすいです。これでヤケキの導管を埋めていきます。導管は吸い込みやすいので注意です。次から漆を文字に塗っていきます。

0 コメント

名号本尊 仏師 坂上俊陽

ケヤキの板からどんどん出していきます。浮かび上がってきました。木彫りの仏像とは少し勝手が違いますが、こちらも仏様、同様に思いを込めて彫っていきます。

気になる部分を修正をしていきます。木彫りの部分は、ほぼ完成。

次からは彩色をする前の塗装です。

0 コメント

木彫りの看板 本尊

ケヤキの板から南無阿弥陀仏の文字がどんどん出てきました。

ケヤキは檜と違い広葉樹なので導管もあり、この後の彩色が難しくなります。

そこは、いろいろ試行錯誤して良いものにしていくのが手仕事。

0 コメント

木彫りの名号本尊

前回のブログで載せて、木は高さが2メートル以上もあり、テレビ局も同行で取材が。木材屋さんで仕入れ、切っていきます。大掛かりなので大変です。

南無阿弥陀仏の文字を描き、木から出していきます。ケヤキは本当に硬いので檜と比べて腕が痛くなります。時間がかかる分、やり甲斐があります。

どんどん出していきます。南が出てきました。普段は立体の仏像ですが、平面も出て来るのが楽しみですね。

0 コメント

名号本尊 仏師 坂上俊陽

今度は名号本尊を出していきます。親鸞聖人、直筆の南無阿弥陀仏を木から出していきます。

0 コメント

韋駄天像の修理

今回の韋駄天像の顔がほとんどない状態でした。劣化した場合や傷んで壊れた場合など理由は様々。今回は顔が無いので付け足して、彫っていきます。顔の色が全然違いますね。色が白っぽい所は全て、新しく作っている部分。同じ色になるかどうか心配ですね。

お客様から資料写真を頂いたので、それに似せていきます。

凛々しい顔にして全体的に色を馴染ませて完成です

仏像の修理は個人様からお寺様まで幅広く全国から注文を頂いています。ありがたい限りです。また新規での木彫りの韋駄天像の問い合わせも気軽にして下さいね。

仏像彫刻の木材 販売

最近、仏像彫刻の木材や材料の問い合わせが多いです。自分で彫刻用の木材は探すのは難しいんですよね。縦横を逆にしてしまうだけで彫りにくくなったりと目利きは大変な知識と経験が必要になってきます。

 

私の場合はは大きい状態で仕入れているので、目利きが大変です。その木材で良い部分を提供する事が多いです。彫る分はいいのだかけど質感や見た目にムラがあったりそこまで良くない部分も欲しい人がいます。それは安いからです。

サイズを明記してメールで問い合わせをしてくれる方が沢山!皆さん良いものを作ろうと意気込んでいますので僕も彫りやすい部分や予算を考えて良い木材をノコギリで切って提供しています。

下の写真の様に、彫刻の余りで出た小さい端材が欲しいという方も!今回は1500円で箱に入るだけ入れて送りました。

 

最近は木材を切る事が多いので小さい木材も多く出ますので、こういう小さいものは沢山出ますので早い者勝ちです。

また困った事がありましたら気軽に相談して下さいね。

0 コメント

フランスへ

お仕事でフランスのパリへ行ってきました。オペラ通りです。展示会の様子を動画で載せておきます。

木彫りの不動明王像 完成

ついに札幌に納める木彫りの不動明王像が納まりました。今回は檜の中でも最高級な木曽檜を使用してお寺様のオリジナル仏像を迎える事が出来ました。

今回はありがたい事に、真言宗のお寺様の本尊になりました。 札幌の惠弘寺様です。

こうして全国のお寺様から注文を頂いて本当に嬉しい限りです。本当にありがとうございました。また個人のお客様も注文を頂いています。気軽に問い合わせして下さいね。

0 コメント

札幌に不動明王像を納めて来ました

北海道に仏像を持って飛行機に乗り雨の中、無事到着。少し揺れました。

お寺様で開封。ドキドキです。

仏像の修理 石川県金沢市

今日は石川県金沢市のお寺様の仏像の修理です。

慎重に仏像を取り出し破損部分を確認します。

不動明王像の眼を入れる

札幌 不動さん明王像販売

全体のバランスも確かめいよいよ残すは目だけになりました。

札幌 不動明王像の販売

札幌に納める不動明王像が出来て来ました。細かい部分は特殊な小刀を使います。細長いです。

さらに細かい部分を仕上げていきます。

札幌 不動明王像販売

不動明王像に縄を持たせました。

女性アシスタントが入りました。

女性のアシスタントの方が入りました。先ずは彫刻刀を研ぐ所から、この後ろ姿を見ると、僕も弟子時代を思い浮かびます。今日一日お疲れさまでした。

0 コメント

木彫り大黒様完成

今回の大黒様はケヤキの木材です。いつも使う檜と比べて硬く重いので彫刻にかかる時間が増えます。

しかし重厚感、光沢も含め高級材なので多くの彫刻家に愛用されています。

硬い分、彫刻のかかる時間も増えます。そして手で触ると直ぐに黒くなってしまいますのと顔に出る木目が彫刻を邪魔します。その分全体に薄く顔料を刷り込ませて手で触っても良い様に保護剤を塗る手間をかけています。

その分、大変なのですが、そこはしっかりと。

台座には地紋や家紋がが入り豪華な台座となり世界に一つのオリジナル大黒様の完成。

木彫りの大黒様

最後の仕上げに汚れや割れ防止の塗料を塗っています。

木彫りの大黒様

ほとんど完成しているのですが欅は匂いや色味を落ち着かせる必要がありますので保護剤を塗っていきます。

大黒様の木彫り

大黒様は、ほぼ完成ですが細かい所を修正していくのみです。

不動明王のお守り

不動明王も細かい細工が多いので細い彫刻刀で顔を出していきます。

不動明王は忿怒の相ですが優しさの中に厳しさをもつ明王です。心を鬼にして子供を叱る親心みたいな感じですね。鉋がけした木材をクッションにして送ります。

1 コメント

屋久杉のお守り

観音様の細かい部分を彫刻刀で彫って行きました。優しい雰囲気が出てきましたね。

屋久杉の不動明王も大まかに出していきます。

不動明王は目の大きさが左右で違ってきたら牙が上と下で別だったりしますので、そういう点に注意しながら慎重に仕上げています。

0 コメント

観音様のお守り、香合仏販売

小さい仏像の細かい仕事なので使う彫刻刀も3ミリ程で小さいです。少しでも変な使い方をすると欠けてしまいます。

そして切れ味が悪いと良い仕事ができなくなりますので、細めに研ぐ必要があります。慎重に仏様を出していきます。

ここから更に細かい仕事をしていきます。

0 コメント

観音様のお守り、香合仏販売

屋久杉のお守りは毎月、問い合わせが多いです。この観音様は特に人気です。小さい仏像なので使う彫刻刀も小さいのです。3ミリの彫刻刀を使って細かい部分を仕上げて行きます。削る部分は、ほんの少しですが、お時間がかかります。

しっかりと彫刻刀を研げていないと欠けてしまいますので何度も研いで慎重に仕上げて行きます。

0 コメント

観音様のお守り仏

木取りした屋久杉に仏様を描いて屋久杉から出していきます。

丁寧に仏様を出していきます。

0 コメント

観音様のお守り仏

屋久杉のお守り仏を迎えて行きます。

屋久杉の木材を切って鉋がけをしていきます。

0 コメント

観音様のお守り

木彫りの大黒様

荒彫りをどんどん進めていきます

木彫りの大黒様

木彫りの踊り大黒様。今回も木曽檜です。木曽檜は香りも質感も最高です。
カンナがけをしてるだけで良い香りがします。
木曽檜は凄い人気で、いろんな方から売って下さいと言う話も来ますので切って売っています。

木曽檜に大黒様を描いて行きます。
荒彫り開始です。先ずは輪郭を綺麗に出して行きましょう。 袋は折れない様に、今はこうしておきます。
全体的に荒彫りをするとこうなります。踊り出してくる感じ出ていますかね。
0 コメント

埼玉県草加市 仏像販売

埼玉県草加市のお客様で仏像の購入を考えているからから注文を頂きました。

そして草加駅に到着しました。活気があって雰囲気が良い町です。

今回にお客様は庭の祠に入れる立像の弁財天様の注文でした

弥勒菩薩半跏思惟像のお守りアクセサリー

屋久杉のお守りの注文です。弥勒菩薩や不動明王や地蔵菩薩は人気のあるお守りで販売や注文の問い合わせが多いです。今回のお客様は自分が持つ為にお願いしてくれました。

樹齢1000年以上の屋久杉を使います。本来、杉は1000年も寿命が持ちませんが屋久島の標高や寒い所で育つため、この島では1000年や3000年も育つ事が出来る神の木材です。この木材とのご縁もあり、何かお守りが出来ないかと思って考えました。

今回は弥勒菩薩のお守りです。屋久杉は檜などと比べると時間がかかってしまいますが、丁寧に仕上げて行きます。

欠けやすいので丁寧に。

後ろにはお客様の思いの込もった文字を彫り込んで行きます。

屋久杉だからこその特有の暖かみが出ました。このお守り仏は大切な方の贈り物として送る場合が多いです。こちらは人気ですので月に3体の予約にしてもらっています。興味のある方は気軽に相談して下さいね。

この屋久杉のお守り仏はどの様な思いでどの様にして迎えて行くのか、その様子を動画にしましたので見て下さい。

木彫りの大黒天 販売

木彫りの大黒様を大まかに荒彫りで形を出していきます。今回はケヤキなのでとても硬いです。

どんどん形を出していきます。今回は俵はまた別で作っていきますのでまた後で公開しますね。

木彫り大黒様の荒彫り

金沢で木彫りの大黒様を受注販売しているところは少ないと思います。ましてオーダーメイドとなると本当に少ないようです。そんなお客様の大黒様の荒彫りがスタートです。

0 コメント

大黒様

木彫りの大黒様の販売依頼です。今回はケヤキです。

ケヤキは硬いので荒彫りの時間が多くなります

余計なもの所はノコギリで落として荒彫りしていきます。

千葉県市原市へ打ち合わせ

今回のお客様は僕の地元の千葉県市原市の姉ヶ崎駅前にお寺様があります。

ここは生まれ故郷からすぐ近くなので良く高校へ行く時に使っていた駅です。

こうして地元のお寺様の仕事が出来ることが嬉しいです。感謝。

木材の木取り

木材を切っているところです。今回はケヤキ硬いです

彫刻刀の販売

彫刻を始めたい方から良くどんな彫刻刀が良いですかと聞かれます。初めての場合は安いので良いのですが、本格的にやろうと思うとしっかりと切れる彫刻刀が必要になります。では私の彫刻刀はというと。

こんな感じで持ち手を作ります。 持ち手の材料も作るんです。

刃物は鍛冶屋さんにお願いして持ち手も作ります。この様に本格的な彫刻刀を作りたい方は材料と動画も用意してありますので相談してください。そういうのではなく小学校で使ってたのはどう?と聞かれます。 だいたい見せてもらうと刃がボロボロです。 じゃあ無理か? いいえ大丈夫です。研げば良いんです。本格的な切れ味まではいきませんが初心者でもいけます。実際に頼まれて研いでいます。

しかし一番多いのが本格的までいかないで良いから出来上がっているのが欲しい。

鍛冶屋さんに頼んでみました

こちらで刃物を研いで送りました。

不動明王像の販売 火炎光背

不動明王像の購入や販売で調べてくる方は結構、不動明王について詳しい方が多いです。この光背にも意味があり、カルラ王がふいた火炎であるということも知っている人が多いです。

火炎のイメージを荒彫りで出していきます。これが難しい。どういう配置や好事にすればしっくり来るのか考えないといけません。

こちらはお客様と考えたオリジナルの火炎光背です。

次は仕上げ用のノミに持ち替えて綺麗に整えていきます。どんどん形が出てくるので楽しいですね。

0 コメント

弥勒菩薩のお守り仏や香合仏の販売

今日、朝、弥勒菩薩のお守りの注文が来ました。

 

広隆寺の弥勒菩薩が好きな方で、私が昔彫った手のひらサイズのお守り仏を見て電話をして来てくれました。

 

今回のお客様は健康の為にという事でお願いしてくれました。お客様によって思いはそれぞれで、

 

『病院で闘病生活をしている方の為に、病が良くなります様に。』

『お世話になっているおじぃちゃんの為に送りたい』

『仏像の好きな母の為に』

 

など、思いはお客様によって変わります。

 

最近は仏像に癒しをもとめる方も増えていますね。

 

そんな、お客様の為に心を込めて仏様を迎えて行きます。

 

まずは図案を描いて行きます。

 

今のところ阿弥陀様、お地蔵様、観音様、お不動様のお守りの図案があります。

木材は樹齢1000年をこえる神の木、屋久杉を使用しています。杉の木といっても屋久杉は目も細かくて香ばしい匂いがして良い質感が生まれてきます。貴重な木材なので滅多に手に入らないのでお守り仏用で大事に保管しています。

屋久杉は鉋をかけると香りも出て暖かな質感が出てきます。

そんな屋久杉で生まれたお守り仏はとても良い雰囲気を出してくれます。こちらがお守り仏です。

人気の月に3体限定で予約を受けています。


弥勒菩薩のお守り(香合仏)

観音様のお守り

0 コメント

不動明王の火炎光背の意味

不動明王像の購入を考えている方は不動明王について沢山、勉強している方が多いです。不動明王にはどんな意味があって、いろんな表情や色の姿があるという事を知っているという方もいます。

今、彫っている火炎光背も、実はただの火炎ではないです。不動明王に火生三味の所に居るというのが一般的です。 これは、かしょうざんまいと読みます。

かしょうざんまいとは、どういう状態なのか。 

山岳修業で修業で火の中を歩いていますよね。

 

あのようなイメージをしてもらえるとわかりやすいと思います。

 

そして、この火炎はただの火炎ではないのです。カルラ王という鳥の形をした天部がだしている火炎なのです。

 

だから炎の中に鳥のくちばしが見えると思います。こうして知識を得てから仏像をみると面白いですね。

 

現在、彫っている火炎光背です。どうですか?少し、印象が変わりますよね?

仏師はこうした決まりを意識しながらアレンジをして、いろいろな仏様が出来ている場合がほとんどです。たまに決まりが入っていない仏像もありますが、それはそれで興味深いですね、

この不動明王像が、どのような姿になるのか楽しみです。辛いとき、苦しいとき、自然と手を合わせて拝み、何か心が救われる、そんな仏様になってもらえる様に頑張ります。

0 コメント

不動明王の光背製作

内側を荒彫りでくり抜いていきました。

だいぶ光背の火炎の感じが出て来ました。

荒彫りは、こんなごっついのを使います。

荒彫りは力仕事になります。

荒彫りは、だいたいのイメージがついていますので何も考えないで一気に彫っていく感じです。その後は大まかに形を合わせて繊細な仕上げに入っていきます。

不動明王の光背

光背の内側をくり抜いていきます。

不動明王の光背

光背の下絵を描きます

輪郭を出して内側のくり抜く部分は穴をあけます

木彫りの不動明王

剣を持たせると迫力が出てきます。

不動明王像を迎える

顔を大まかに出していきます。まだまだイメージとは遠いいですね

それでも迫力は出てきました。

木彫りの不動明王像

不動明王像の荒彫りに入っています。姿が出てきました。

0 コメント

不動明王像を迎える

荒彫り開始です。今回はテレビ撮影も入ります。

不動明王像を迎える

次は北海道のお寺様の不動明王像です。

お客様のイメージを形にしていきます。先ずは図案を。

荒彫りをしていきます。

あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願いします。

木材の仕入れ

木材の仕入れの為に県外へ行ってきました。

阿弥陀如来

0 コメント

勢至菩薩完成

勢至菩薩

細かい部分がなかなか終わりません

阿弥陀如来

ここまで来ました。

残すは細かい部分です

本当に刃先を少し入れるだけという部分が沢山あります。

阿弥陀様

手の仕上げが終わりました。

白毫

白毫を作っています。

勢至菩薩 後少し

もう少しなのですが細かい部分がお時間がかかるんです。慎重に。

勢至菩薩

手と足の彫刻に入ってます。

金沢のお寺

先日、修理した仏像を動かす為にお寺へ行ってきました。

ちょうど小学校の行事でお寺を見学していました。

皆さん仏像を見ていました。動かす前に見てもらえて良かったですね

取材

10月にフランスで行われた展示会と活動を北國新聞様が取材してくれました。ありがとうございます。

彫刻仲間の今井君と材料屋さんへ




Twitter