不動明王のお守り仏を追加しました

新作UPしました 引き続きUPします

仏像のまめ知識追加。他にもHPに追加しました

NHKの撮影 アナウンサーの中條誠子さんが来られました

11月1日から5日まで富山市アートギャラリー栄で木彫りの天神様 干支展をやります

 

 

場所 アートギャラリー栄  

富山市栄町1ー4−3 (黄色い看板が目印)

 

電話 076 424 0790

日時11月1日から11月5日まで

  午前10時から午後6時まで 最終日は午後5時まで

 

今の家に合う25センチ幅の天神様が一同に勢揃い!違うサイズも注文可能です 作家は全て井波で修業し全国で活躍する若手作家です


富山市で展示会をやります!7月18日から23日まで。     アートギャラリー栄

最近の出来事

現在 テレビの撮影中

仏様

仏様も姿だ出てきました。細かい彫り込みに入ります。

本体

本体の細かいシワ部分を出していきます。こちらも細かい。

模様

台座に入れる模様の彫り込み終わりました。
本当に細かいですね。

台座

台座を部分的に作っていきます。細かい部分ももう少し。台座の完成が見えてきました。

台座

台座の蓮弁を作っていきます。もう少しです。

光背

細かい雲の彫刻が終わりました。細いので大変でした。

光背

綺麗にしていきます。細かいので慎重に。

光背

雲に放射光背になります。綺麗になりそうなので楽しみです。

嬉しい訪問

現在、迎えている仏様のお客様が兵庫県から見に来てくれました。こうして実際に会えて嬉しいです。とても優しい雰囲気のあるお客様でした。

仏様の完成まで頑張ります。

光背

光背も荒彫りに入りました。

細かい荒彫り

細かい部分も出てきました。ここからは微調整です。

台座

台座のバランスを確かめていきます。ここをしっかりやらないと大変な事になります。

阿弥陀如来像

本日はここまでです。

阿弥陀如来

荒彫りもだいぶ終わり、細かい部分へ。

阿弥陀如来像

手も出して大きく形を出していきます。

阿弥陀如来像 荒彫り

台座の大まかな木取り中です。上の蓮台はまだですが苦労しました。良い台座になりそうですね。

浄土真宗仏光寺派 阿弥陀如来像

本体の荒彫りが始まりました。

浄土真宗仏光寺派 阿弥陀如来像

図案が出来たので仏様を木から迎えていきます。

阿弥陀如来像

仏様の手が出来ました。白毫と螺髪へ。

阿弥陀如来像 大阪

これから組み立てに入ります。

阿弥陀如来像 大阪

シワを彫り込んでいきます。優しい雰囲気が出てきました。お客様のイメージ写真を頂いているので優しい雰囲気が出てきます。

阿弥陀如来像

全体のシルエットやバランスが出来ました。ここからシワをつけて行きます。

阿弥陀如来像

本体の荒彫り開始です。先ずは輪郭を出していきます。

仏像の光背

細かい作業もだいぶ終わり光背が出来て来ました。もう少しです。

光背

こちらも大まかに出て来ました。

台座

もう少しですね。

台座

ここまで出来ました。後は蓮台座です。

阿弥陀如来立像 大阪

台座を作っていきます。細かいので欠けないように慎重に。

阿弥陀如来立像 大阪

阿弥陀如来立像 大阪

長い間、更新出来なくて申し訳ありません。8月からお弟子さんも入り我が工房は、もう少し広い仕事場へ移動する事になりました。ようやく落ち着きました。

次のお客様は大阪のお客様です。

釈迦如来像

仏様の表情が出てきました。
箱書きをしていいきます。そして記録としてアルバムも作っています。

釈迦如来像

光背、台座も完成しました。

釈迦如来像

頭が仕上がりました。これから白毫を入れて台座、光背を組み立ていきます。

釈迦如来像

ここからは螺髪の彫刻です。
細かいので集中していきます。

御釈迦様

お御釈迦様の大まかな荒彫りが終わり仕上げ彫刻刀で細部を出していきます。

釈迦如来像

手も大まかに出しています。

釈迦如来像

大まかに荒彫りが出て来ました。もう少し荒彫りで形を出していきます。

釈迦如来像

仏様の方も同時に進めていましたので途中経過です。

桐箱

仏様を入れる桐箱の注文も頂きました。落し蓋です。
綺麗な仕上がりになりました。

釈迦如来像

蓮台座の蓮弁を出していきます。

釈迦如来像

台座も残りは蓮台座だけです。もう少し。

釈迦如来像

細かい部分を彫り込んで行きます。

釈迦如来像

荒彫りで唐草が出て来ました。

釈迦如来像釈迦如来像

返り花の方も綺麗に出来ました。

釈迦如来像

光背の彫り込み中です。

釈迦如来蔵

k光背の方も荒彫り開始します。

釈迦如来像

次は蓮台を作ります。横の角度を出していきます。
部分的に作っていきます。

釈迦如来像

ナスに模様を入れていきます。先ずは輪郭。
細い模様を彫り込みました。

釈迦如来像

前回、輪郭を出したので今回は丸みを出していきます。こちらはナスと言います。内部に模様を彫り込んでいきます。

釈迦如来像

台座の木取りが終わりました。これから彫っていきます。

釈迦如来像を迎える

返り花を出して行きます。
これから細かい彫刻に移ります。

釈迦如来像を迎える

台座の返り花の荒彫りに入っています。小さいので壊れない用に気をつけて彫ります。

釈迦如来像を迎える

釈迦如来像の木取りです。どこに顔が出て来るか悩みます。

仏像の修理

今回の仏像の修理は今まで歩んできた歴史の趣きを崩さないで破損部分だけを直していく古色修理。
実は新しくピカピカにするよりこちらの修理の方が難しいんです。

今回の仏像の修理は良くあるひび割れと劣化です。
ひび割れは木を寄せた部分が剥がれて出てくる場合が多いです。その部分が塗料が剥がれていきます。
割れどめをして漆による錆びつけを施していきます。
次は研いで、錆びつけの繰り返しで下地を調整していきます。
下地がデコボコで中塗りをするとこんな風になってしまいます。これだと駄目です。もう少し根気よく下地調整へ。
中塗り。 デコボコが目立つ場合は錆びつけ。地道に綺麗にしていきます。

杉の仏像の完成動画

0 コメント

杉の阿弥陀如来像 完成

今回は杉でしたのでなかなか進みませんでしたが、杉の味が出た仏様となりました。

本体

細かい仕上げに入ります。

本体

ここからどんどん出て来ます

光背

あとは綺麗に仕上げていきます。

光背

慎重に彫って行きます

光背

光背の方も進んでいます。

台座

なかなか苦戦しております。

阿弥陀様の台座

杉の木材は切れ味が悪いとバサバサになるので何度も研ぐので少し時間がかかってしまいます。
おおまかな形出てきました。

台座

大まかにラインを出していきます。

福岡県 阿弥陀如来像

台座の方にも手をつけていきます。

福岡県 阿弥陀如来

だいぶ形が出てきました。これから細かい部分を出していきます。

福岡県 阿弥陀如来像

今日はここまで

福岡県 阿弥陀如来像

顔の形も出していきます。

福岡県 阿弥陀如来像

お大まかなラインが完成しました。檜の場合、これ以上ですともっと叩いていくのですが杉の木ですので、ここからは仕上げノミでいきます。

福岡県 阿弥陀如来像

やはり杉の木は難しいです。刃物が切れていないとバサバサになるので丁寧に。

福岡県 阿弥陀如来像

福岡県のお客様の仏像です。ノコギリで切って行きます。

福岡県 阿弥陀如来像

福岡県 阿弥陀如来像

今回はお客様が送って頂いたご神木で阿弥陀如来像を迎えていきます。

阿弥陀如来 福岡県

福岡県のお客様から阿弥陀如来像の注文です。
今回は御神木の杉の木でお願いしたいというお話しです。
本来は杉の木で仏像を作る事は難しく本格的な仏像は滅多にありません。

しかしお客様の熱心なお話しを聞いてると、良い仏様が出てくるだろうなと思っています。

展示会用作品 フランス

t展示会様作品完成

海外での展示会

毎年、フランス・パリで行う展示会の作品を制作。
今回は染色作家さんとの共同作品です。

弥勒菩薩像のレリーフを作っていきます。

仏像の修理 石川県

い石川県金沢市の仏像の修理です。仏像の修理の場合は分解出来ることが多いので分解して破損具合を見ていきます。
寄木造りの場合は寄せている部分で割れが入ります。
手の破損は、仏像の修理でよくある事です。

今までの歴史を残して修理出来るように考えていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来完成

厨子に入れる仏様を東京のお客様に納めて来ました。
お客様はとても優しい笑顔をする方で、ありがたい仏像を彫り続けて下さい。と、とても嬉しいお言葉ありがたいです。

厨子用仏像 阿弥陀如来像

顔の彫刻や白毫を入れていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

光背の仕上げです。きれいになりました。

厨子用仏像 阿弥陀如来 光背

阿弥陀如来の光背。いよいよ内側の唐草です。まずは大まかに荒彫り。
さらに綺麗にしていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

光背の彫り込みに入ります。
中央部分を出し、内側を彫っていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

sそろそろ光背の方も始めていきます。
内側をくり抜いていきます。折れないように慎重に。
内側を彫っていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来

細かい部分の彫り込みに入っていきます。

厨子用仏像 阿弥陀如来像 東京

お大まかな体のラインを出していきます。今の段階では細かいシワを考えないで、腕や足、お腹などを意識して出していきます。

厨子用仏像 東京 仏像販売

手のひらサイズの仏様の荒彫り始まりました。

仏像の光背

舟形光背の図案を描きます。輪郭が大きめなのは、サイズが少し小さくなったので変更です。
内側をくり抜いていきます。

厨子 木彫り仏像販売 東京

h舟形光背の輪郭を出しています。
う上の方だけ反りを多めにします。

厨子 木彫り仏像販売 東京

東京のお客様からの注文です。厨子に入れる阿弥陀如来像です。
木目が細かく質感が最高の木曽檜を切って台座を作っていきます。

壁掛け 木彫り仏像

もう一方の仏様も出て来ました。
完成

仏像の壁掛け 木彫り

壁掛けの仏像です。この木材から仏様を出して行きます。木曽檜から優しい木彫り観音様を出していきます。
鉋をかけていきます。良い香りがしてきます。
荒彫りで仏様を出していきます。
だいぶ形になって来ました。

仏師 アシスタント 見習い

仏師になるには弟子入りしたり学校に通ったりという道があります。
うちの工房には木彫がしたいという若い女性アシスタントが二人います。初めの方は主に下準備のお手伝いです。仕事場の様子。

こうして真剣に取り組んでいます。

木彫りの大黒様 完成

木彫りの大黒様が出て来ました。
細かい部分を彫り進めていきます。特に躍動感を出していきます。今回の大黒様は踊り大黒様。福を呼ぶ踊りを舞っています。口を開けて笑顔で笑っていますね。
私の大黒様でお褒め頂いているのは顔です。お客様から笑顔がいいと沢山注文を頂いているのが、この大黒様です。ありがたい事に全国から木彫りの大黒様を注文しに来てくれます。
本当にありがたい限りです。踊り大黒様が欲しい方は気軽に問い合わせして下さいね。

踊り大黒の木彫り

荒彫りも終わり細かい部分も出していきます。

顔の表情も出てきました。

 

踊り大黒は私のオリジナルなので世界に一つの木彫りの大黒様が出来ます。

0 コメント

踊り大黒の木彫り

木曽檜から荒彫りでどんどん形を出していきます。もう踊っている感じが出ていますね!

 

完成が楽しみです。

0 コメント

木彫りの踊り大黒天

今回も木曽檜を使って踊り大黒を木から出していきます。木曽檜は質感も匂いもいいです!

名号本尊 完成

仏像彫刻のキット 大日如来像

仏像彫刻をしたい人の為に大日如来像のキット販売を始めました。独学でやっている方や初心者の方は光背のくり抜きや輪郭、図案を描く等、悩みが沢山あると聞きました。そこでこちらで用意しました。

もう既に予約の方がいますので準備にお時間がかかります。

11月から販売開始で先行予約という形をとらせて頂きます。

大日如来像セット(18500円)

 

本体14センチ

全体17センチ

木材 ヒノキ

多くの方の要望により大日如来像のセットを作りました。初心者の方では難しい、光背の輪郭や切り抜きもしてあります。

また本体の輪郭をカットする場合は別に費用がかかります。

 

問い合わせ

(メール)

toshiharu.sakagami@gmail.com

(電話)

076 207 4672

 

0 コメント

名号本尊 仏師 坂上俊陽

木彫りの看板と工程は似ていますがこちらは本尊なのでここから彩色や金箔を貼っていきます。

こう見ると柔らかそうに見えるのですがケヤキですので硬いです。2メートル程あるので動かすときも二人掛かりで慎重に動かしていきます。

また、普段ヒノキを使っている場合、ケヤキを使う時に刃物の研ぎを変えないと使いにくくなってしまいます。ですから刃物をケヤキの角度にして使います。

ここまで出来上がるまでに木材の目利き、製材、加工、鉋がけ、荒彫りと、沢山の工程を踏んでここまで出来上がりました。次は彩色です。

今回の名号本尊は文字に金箔を貼りますので、目止めをする必要があります。木色を塗ると滲んでしまいますよね。それを防ぐ様な感覚で考えてもらえると分かりやすいです。これでヤケキの導管を埋めていきます。導管は吸い込みやすいので注意です。次から漆を文字に塗っていきます。

0 コメント

名号本尊 仏師 坂上俊陽

ケヤキの板からどんどん出していきます。浮かび上がってきました。木彫りの仏像とは少し勝手が違いますが、こちらも仏様、同様に思いを込めて彫っていきます。

気になる部分を修正をしていきます。木彫りの部分は、ほぼ完成。

次からは彩色をする前の塗装です。

0 コメント

彫刻仲間の今井君と材料屋さんへ




Twitter